2021年6月4日(金) 小児看護学

新型コロナウイルス感染拡大により、病院での実習が行えないため、学内での代替実習を実施しました。小児看護学では、紙面上の事例をもとに、検査や処置に対する不安を軽減するプレパレーションや退院指導を行いました。

実際の子どもと保護者を想定して学生同士でロールプレイも行い、学生からは「病気を抱える子どもだけでなく、その子どもの家族への支援も重要であることが学べた」という意見が聞かれました。