看護科 学習フォロー体制

1最短距離で看護師へ

就職決定率100%

本校で5年間学ぶと、国家試験の受験資格を得ることができます。国家試験に合格すれば、20歳から看護師として各医療機関で働くことができます。高校卒業後、専門学校や短大・大学に進学すると、最短でも21歳での資格取得となります。

2就職希望者は全員決定!

看護師国家試験合格率90%

看護科の就職決定率は100%です。本校は長年にわたり、レベルの高い看護師を輩出していることから、病院や施設などの各機関から厚い信頼を得ています。

3看護師国家試験に高い合格率!

安心の奨学金制度

国家試験合格率も、高い数字を維持しています。高校3年間を看護専攻科の準備段階とし、医師講師の授業を取り入れたり、国家試験対策をスタートする本校独自の教育システムで、より万全に看護師の夢をかなえることができます。

4安心の奨学金制度

最短距離で看護師へ

本校では、看護を学ぶ学生のための奨学金である「京都府看護師等修学資金」(貸与)を受けることができます。他にも本校独自の奨学金システムを設け、看護師という夢に向かって、安心して勉強していける体制を整えています。

チェック!!

在校生メッセージ

高校三年生の時に、初めての病院実習に臨みました。病院実習では、知識不足を痛感し、戸惑うこともたくさんありました。しかし、先生方からの的確なアドバイスや患者さんからの「ありがとう」という言葉に支えられ、乗り越えることができました。今は就職や国家試験の合格に向けて、日々の勉強に励んでいます。同じ夢を持つ仲間と共に成長しあえる京都聖カタリナ高等学校で、一緒に夢を叶えましょう。

森口 真愛玲さん 京都市立修学院中学校卒業 (看護科4年)

「看護師になりたい」の一心で、京都聖カタリナ高等学校に入学して1年が経ちました。入学当時は慣れない看護の授業に不安でいっぱいだったのを覚えています。しかし、いろいろな技術が学べる看護技術や体のしくみを学べる解剖生理の授業など、同じ夢を目指す仲間や信頼できる先生方に支えられ、今は毎日楽しく過ごしています。不安もたくさんあると思いますが、私たちと一緒に学校生活が送れることを楽しみにしています。

南山 愛夏さん 京都市立向島東中学校卒業 (看護科2年)

私は入学してサッカー部に入りました。サッカーは未経験でしたが、顧問の先生が優しく熱心に教えてくださいます。男女合同練習や合宿にも参加し、先輩とのかかわりの中で、コミュニケーションの大切さも学ぶことができました。現在は学習に集中し、放課後は実習室で看護技術の練習をしたり、友達と自己学習をしたりして、楽しく学びを深めています。

北野 百萌さん 京都市立七条中学校卒業 (看護科2年)