先生からのメッセージ

患者のために行動できる 豊かな完成を養います。

本校の看護科に入学すると1年生から身体のことや病気のことなど医学的な専門知識を学んでいきます。「中学校の勉強より難しくなるのではないか」と不安に思われるかもしれません。たしかに、専門分野の学習になるので中学校の学習よりも難しくなります。しかし、看護において最も大切なのは、知識ではありません。病気や障害を抱える患者に寄り添い、抱えておられる困難なことに気づき、援助していくことができる「感性」が重要です。カトリック精神をもとに豊かな心を養うことができる本校の教育のなかで、「看護は芸術」と言われるように、患者の健康な人生を描き、支えることができる看護師を目指しましょう。

看護科科長

  木下光貴

私の夢は ここからスタートする。

子ども保育系で学ぶ皆さんには、『一人一人の子どもを優しく育み、子どもと向き合うあたたかな心』を持った人となっていただきたいと願っています。高校で学ぶ知識、技能、体験はすべてそのためのものです。  

普通科 子ども保育系

  沖野 弥生

健康づくりの 第一人者を目指します。

「元気に暮らしたい」「健康で暮らしたい」と願う人は多いと思います。また、ロコモティブシンドローム、メタボリックシンドローム・・・超高齢社会に入った現在、みなさんの関心のある言葉でしょう。 健康スポーツ系では、この『生涯健康で元気に暮らすこと』について学びます。自分の健康づくりはもちろん、他の人へも健康づくりの情報発信できる人の育成をめざしています。心も体も元気に楽しくなり、大学の先生の授業を体験して、生涯の健康づくりをめざしましょう。

普通科 健康スポーツ系

  松﨑 由香

体と心に「美味しい食事」を 作りましょう!

豊かな食事は健康な体を作ります。また、心の豊かさを生み出し、そして幸せを呼び込みます。調理・パティシエ系では、実習などの体験型授業を重視しながら、栄養学についても勉強します。本校で学び、栄養士や調理師、パティシエなどをめざしてみませんか。

普通科 調理・パティシエ系

  大石 雅代

「いのち」をテーマ に幅広く学べる学習

犬をはじめとするペットが人にとって身近な存在となり、人とペットとの距離はこれまで以上に近いものとなっています。その一方で、ペットや動物の「いのち」に関する様々な問題もあり、人とペットとの関係性を考える時代に来ています。人間と動物に共通する「いのち」をテーマに、人間と動物の健康の保持・増進、生命の尊厳について幅広い視点から学び体験することで、「いのち」を考え、「いのち」に関わる職業をめざす人材を育てます。

普通科 どうぶつ・医療系

  木下 光貴

カタリナの仕事プログラミングでしかできないキャリア教育

本校でしかできない仕事プログラミング体験を通して、社会でリーダーシップを発揮できる人材を育てていきたいと考えています。 京都の老舗和菓子店「井筒八ツ橋本舗」に協力していただいており、より実際の仕事に近い体験ができます。ぜひ一緒に学びましょう。

普通科 仕事プログラミング系

  佐野 貴史